トップページ > 商品一覧 > 台車ご使用上の注意

台車ご使用上の注意

適正許容荷重(積載荷重)について

キャスターの許容荷重は、平坦な床面を人力で搬送する場合に、移動が容易で、安全かつ長期に使用出来る荷重の限度をキャスターメーカーが指示しています。 積載される総荷重を見積もって、それに見合った最大積載荷重の台車をお選びください。 尚、キャスター4個使用の場合、下記の計算式で0.8掛けにて考えるのがキャスターメーカーが推進する安全適正許容荷重です。
※キャスター4個使用の場合
キャスターメーカー推進の安全適正許容荷重=キャスター1個当たりの許容荷重(kgf)×4×0.8

※計量法改正にともない重量kgは質量kgと力kgに明確に区別しなければなりません。 力の表示はdaN(デカニュートン)。 1daN=10N≒1.02kgf(1kgf≒9.8N=0.98daN)

キャスター速度について

使用速度は、常温で平坦な床面を歩行速度以下で断続的に使用してください。(発熱を伴う連続使用は避けて下さい。)
車輪径75mm以下・・・・・・・・・使用速度2km/h以下
車輪径100mm以下・・・・・・・・使用速度4km/h以下

ブレーキ(フット)ストッパーについて

台車使用上の注意1・ストッパーを掛けたまま、無理に動かさないで下さい。
・走行中にストッパーペダルを操作しないで下さい。


台車使用上の注意2・ストッパーペダルの操作は、靴を履いた足により確実に行ってください。
・長期の使用による磨耗、損傷で、気がつかないうちに機能の低下をきたす恐れがありますので、御注意下さい。

台車使用上の注意3・ストッパーペダルを過度に踏みつけたり、カナヅチで叩いたりしないで下さい。
・制動性能については、製品安全上、特に必要がある場合には他の手段(車輪止め、フロアロック等)を使用してください。

台車使用上の注意4・傾斜面でストッパーを掛けたまま放置するようなことは、避けて下さい。 特に必要がある場合には、車輪止め等、他の手段を使用してください。


使用環境について

通常、キャスターは常温、構内で使用されることを想定してあります。
高温、低温、多湿、酸、アルカリ、塩分、溶剤、油、海水、薬品等の影響を受ける特別な環境でのご使用は避けて下さい。製品の劣化が進む恐れがあります。 やむをえず、ご使用になる場合は個々の用途に合わせた金具、車輪、グリスが必要です。
尚、材質により床面に汚染の恐れがあります。

台車ご使用上の注意

台車使用上の注意5・適性許容荷重以上の負荷をかけないで下さい。 ・積載荷重以上の荷物を載せると、台車が壊れ、怪我の原因になります。 安全上、最大積載荷重の80%までの荷重でご使用頂くと、長くご使用頂けます。


台車使用上の注意6・荷台の上に均等に荷重がかかるように積荷をしてください。片寄った積荷をすると、台車が転倒し、事故につながります。 また、キャスターへの片荷による負担が生じ、ご使用期間が短くなる事があります。


台車使用上の注意7・著しい凹凸での使用または鋭利な突起のある床面での乗り越しは、避けて下さい。
・衝撃の加わる使用(落下及び振動、フォークリフト等の爪当て)を避けて下さい。


台車使用上の注意8・トレーラー等の牽引はしないで下さい。



台車使用上の注意9・台車の上に乗ったり、押して遊んだりしないでください。転倒し怪我をしたり、他の物の破損の原因になります。 ・投げたり、転がしたりしないようにしてください。怪我や他の物の破損の原因になります。


台車使用上の注意10・電源コード等を踏まないようにしてください。コードが破損し、感電や火災の原因になります。



台車使用上の注意11・必ず水平な場所でご使用ください。傾斜地でのご使用は、荷崩れによる怪我や、他の物の破損の原因になります。


台車使用上の注意12・必ず2人以上で運搬し、積荷した台車を引っ張らないようにしてください。台車を引く事で、足にキャスターが乗り上げ、怪我の原因になります。 前方部では、運搬方向に障害物がないかを確認し、他の物が破損しないように運搬補助してください。

台車使用上の注意13・傾斜面で台車の放置をしないでください。 台車が暴走し、事故につながります。 ストッパー付きの場合でも、何らかの力が加わり解除される事も考えられるので、必ず安全な場所に、倒れないように立て掛けて置いてください。

台車使用上の注意14・ボルトやナットが緩んだら、直ちに締め直してください。


定期メンテナンス

事故防止及び長期に御使用頂く為、定期的な点検、メンテナンスを行ってください。
通常点検は、キャスターの取り付け部分の締付が完全か、キャスターに破損・亀裂変形の有無、車輪のベアリング・シャフトの締め付け、タイヤの破損・亀裂・磨耗の有無を確認して下さい。
その上で取付部、車輪部の結合に緩み、異常がある場合は、即、締結して下さい。
製品に劣化、破損等の不具合が生じた場合は、直ちに使用を中止してください。
キャスターの旋回部や車輪部に異物が巻き込まれた場合は、直ちに除去して下さい。旋回不良や回転不良の原因となります。

損害や事故について

車と同じように、適正に安全にご使用頂いてる場合でも、不慮による事故や怪我、間接損害、特別損害等が起こる場合があります。そういった際、当社では、一切責任を負いませんので、予めご了承ください。

重量物を積載し、無理な段差越えをしようとすると、キャスタープレート部分に力が掛かり、土台部分が折れてしまい、大変危険です。重量物積載時の運搬は水平な場所にて御使用ください。

商品取扱説明

効率が良い運搬作業
(クレーン or フォークリフト+木製平台車eb-00・eb-02・アングル製平台車TWO-TOP)

商品説明1商品説明2
レッカー(ラフテレーンクレーン等)で吊った吊り荷を木製平台車orアングル製平台車TWO-TOP2台で受けます。 または、フォークリフトで荷降ろしする時に、木製平台車orアングル製平台車TWO-TOP2台で受けます。




商品説明3

台車に載せて運びます。フォークリフトでは、通る事が出来ない通路も楽々通る事が出来ます。





商品説明4

置場付近でハンドパレット(ハンドリフト)を用意します。





商品説明5

ハンドパレット(ハンドリフト)で積荷を上げ、台車を2台とも抜き取ります。





商品説明6

バタ角等のリンギをかませてハンドパレットを抜きます。

このページの上部へ